下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

 

「ホンダ 新型フリード」

新型「フリード」かっこいい車ですね。凛々しい顔立ちと、きれいな曲線。
これは、外装・内装共に、カスタムし甲斐がありますね。

 

プレミアムスパークルブラック・パール★1

https://www.honda.co.jp/FREED/  引用

 

 

車って本当に個性が出ますよね。
カスタムすればするほど、愛着も湧きますし、
「他の車とここが違う」というワクワクした気持ちになれますよね。
カスタムと聞けば、外装を改造するイメージが強いですね。
でも、内装も立派なカスタムです。
私の見解ですが、外装より内装をカスタムしている人ほど、オシャレに感じます。

では、早速、内装について、考えていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

内装について

 

内装と言っても、どこからどこまでが内装カスタムになるのか、疑問に思いますよね。

シートやインパネのことだけのことかな?と思われがちですが、車の中すべてが内装です。

極端な話、芳香剤一つでも、カスタムに入るのではないかと、私は思います。

今はデザイン豊富でオシャレなのも、たくさんラインナップしています。

カスタムの敷居が高いと思われる人は、芳香剤から整えていくのもありかもしれませんね。

他にも、ルームミラー、カーテンを付けたり、ダッシュボードを飾るのも、カスタムですね。

オーディオ機器、カーナビなども含まれます。

カスタムの種類なんて無限通りといっても過言ではありません。

カスタムも人それぞれで、世界に一台しかない、自分の車を創り出すことも可能です。

 

まずは、純正(スタート地点)から見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

新型フリードの純正の内装

 

 

室内写真 インパネ画像

 

 

内装写真モカ(ファブリックシート)

 

 

 

 

 

内装写真

上記同様:モカ(ファブリックシート) *インパネミドルエリア(白木目調)

 

 

内装写真

ベージュ(ファブリックシート)

 

内装写真

ブラック(コンビシート) *インパネミドルエリア(黒木目調)

上記5枚の画像https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/design/ 引用

 

かっこいいですね。

もちろん、グレードによって、パターンは変わってきますが、4パターンあり、これだけでも、既に悩みますよね。

白だとシックで、黒だと高級感が出ますね。

どれを選ぶかによって、内装カスタマイズの方向性も変わってきますよね。

これに純正オプション・社外品が加わりますから、バリエーション豊富ですね。

 

HONDA純正アクセサリーは以下をご覧ください
https://www.honda.co.jp/ACCESS/

 

 

スポンサードリンク

純正オプションと社外品のメリット・デメリット

 

・純正オプション

純正オプションは、メーカーが公式に出しているパーツ・機器のことで、内外装ともにそれぞれ、メーカーのカスタムブランドが存在します。

取り付けも工賃は掛かりますが、すべてやってくれます。

 

メリット
・耐久性に長けている
・取り付け・交換をすべて任せられる。
・保証付き(一部例外あり)
・その車種専用に作られているため、無駄がない
・車検対応
・利便性を重視している

デメリット
・社外品と比較すると高価
・バリエーションが少ない(カラー、素材、形状など)
・カーナビの場合、走行中に操作できない
・かっこよさ、オシャレという点では、社外品に劣る
・古くなればなるほど、在庫がなくなる可能性が高い
・カタログ上でしか見れないため、取り付けてガッカリすることも(私の経験です)

 

 

・社外品1(オートバックス、イエローハットなど)

メリット
・純正に比較して安価(一部ブランドを除く)
・取り付け・交換をすべて任せられる
・実際に店舗で見て触って選べる
・様々なブランドを扱っている
・保証あり(純正と比べると期間は短い)

デメリット
・オーディオは音質で劣る場合もある
・カーナビでは、バックモニター等と連動出来ない場合もある
・対応車種であってもサイズに少しずれがあったりする
・日本製が少ない
・耐久性で劣る

 

・社外品2(Amazonなどネットショッピング)

メリット
・バリエーションがとにかく豊富
・かっこよさ・オシャレさ・かわいさ、すべてのジャンルが揃う
・純正品や社外品1に比べてはるかに安価
・純正にはないパーツもかなり存在する

デメリット
・取り付けはすべて自己責任
・ほとんどが外国製
・保証なし
・実際に現物確認できない
・壊れやすい

 

こういった例が挙げられます。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、一概にどれがいいとはいえません。

ですが、すべてディーラー任せよりも、この3つを併用することをおすすめします。

それにより、自分だけの愛車に近づきます。

 

では、新型フリードを純正オプションで内装のみをカスタムしていくことを考えてみましょう。

 

 

新型フリード内装オプションカスタム

 

上記で紹介した、https://www.honda.co.jp/ACCESS/ を参考に新型フリードの一番下のグレードの内装カスタムをフル装備して、いくらかかるかを見積もります。
*消費税込み、工賃抜きで計算します。

社外品だと、バリエーションが豊富すぎて、キリがないので、純正オプションのみとします。

 

今回は、お子さんが乗られるという設定で白を基調とします。

なお、内装カスタムがテーマなので、利便性のみのパーツは除きます。(カーナビ、ETCは例外とします)

 

まず、新型フリ-ドの一番下のグレードが「フリードB」になります。

価格は¥1,880,000です。

 

フロントから順番にやっていきましょう。(容量の影響で一部、文字のみ)

 

・まずは、ナビゲーションから

https://www.honda.co.jp/navi/freed/index.html 引用

おすすめの物をチョイス。

・3列シートなのでリア席モニターも付けましょう。

リア席モニター

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/navi_audio_etc/rearseatmonitor/#monitor9_navi 引用

いいですね。これでお子さんも退屈することはありませんね。
本体価格¥91800です。(税込み)

 

 

 

せっかくなんで、良い音質で楽しみたいですよね。
スピーカー・ツイーターも取り付けちゃいましょう。

ハイグレードスピーカー
「ハイグレードスピーカーシステム」を使用これで映画館にいるような音質が味わえます。

本体価格は¥44.280です。(税込み)

 

 

 

次は、お子さんと出かけるには、遠方、つまり、高速道路を使いますよね。
今は、ETCが主流なので取り付けましょう。

発話型ETC2.0車載器
発話型が便利なので一番便利なものを。
これが本体価格¥27.000ですね。(税込み)

 

 

 

シートカバー

シートカバー

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/seatcover/ 引用

 

シックで上品な印象になりますね。
お子さんも圧迫感のない色で、落ち着きますね。
これが、本体価格¥81.000です。(税込み)

 

 

ステアリングホイールカバー(本革製)

ステアリングホイールカバー

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/steeringwheelcover/index.html 引用

 

シートの色に合わせて、白にしました。
オシャレですね。
バーバパパがプリントされてて、お子さんウケすること間違いなしですね。
¥12960です。(税込み)

 

 

セレクトノブ 本革製

 

セレクトノブ

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/selectknob/index.html 引用

 

段々と統一感が出てきましたね。
基調を揃えることで、テーマが定まってきましたね。
¥10.800です。(税込み)

 

 

 

インテリアパネル(インパネ)

インテリアパネル

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/interiorpanel/index.html 引用

 

かわいいですね。
助手席にプリントされてるから、助手席は取り合いになりますね。
これが¥21600です。(税込み)

 

ドアスイッチパネル

インテリアパネル

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/interiorpanel/index.html 引用

これで完全に白に統一出来ましたね。
これが¥17280です。(税込み)

 

 

インテリアステッカー(インパネミドルエリア〈助手席側1箇所・運転席側2箇所〉/3枚セット)

インテリアステッカー

インテリアステッカー

インテリアステッカー

ここまでバーバパパを推したなら三枚とも張っちゃいましょう。
三枚セット¥5400です。(税込み)

 

 

スポーツペダル

スポーツペダル

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/sportspedal/index.html 引用

このテーマには合いませんが、内装カスタムしている方は、大抵付けています。

これはかっこいいですね。惚れ惚れします。
¥10800です。(税込み)

 

 

・インパネのイルミネーション

インパネイルミネーション

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/inpaneillumination/index.html 引用

エレガントな雰囲気が醸し出せますね。
¥19440です。(税込み)

 

 

・ドアライニングイルミネーション

ドアライニングイルミネーション

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/doorlyningillumination/index.html 引用

走行中に、夜のドライブに、おしとやかに光ります。
¥14040です。(税込み)

 

 

 

・フットライト(2列目〈リア〉用)

フットライト
ドアの開閉時に、優しく足元を照らしてくれます。
外から、中から見ても、オシャレです。
これでお子さんも躓くことは少なくなるでしょう。
¥10800です。(税込み)

 

 

・サイドステップガーニッシュ

サイドステップガーニッシュ

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/sidestepgarnish/index.html 引用

 

かっこいいですね。
これがあるのとないのでは、インパクトも大きく変わってくるでしょう。
¥27000です。(税込み)

リア用セットで¥43200です。(税込み)

 

 

 

・プラズマクラスター搭載LEDルーフ照明(高濃度プラズマクラスター 25000/LEDドームランプ付/天吊りタイプ)

プラズマクラスター搭載LEDルーフ照明

https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/plasmacluster_ledrooflight/index.html 引用

 

純正のハロゲンよりも明るくなります。
更には、プラズマクラスター搭載なので、除菌等も行ってくれるので、
お子さんにも優しいですね。
美肌にもいいみたいです。
¥18576です。(税込み)

 

全部でこういったところでしょうか。
かなり純正だけと比べて、個性的になったと思います。
さあ、お値段、いくらぐらいかかるのでしょうか。

 

カスタム費用だけで、¥611.496です。
車体価格と合わせると、¥2.491.496かかります。
これに工賃、車の登録費などの諸費用を合わせると、300万円近くかかることになります。

 

ここまでかけてしまうと、フリードの上のランクに属するステップワゴンぐらいの価格になってしまいます。

 

つまり、何が言いたいかというと、妥協(価格において)することも大事だということです。

 

「純正にしかないパーツはディーラーで、似たようなパーツがあれば、社外品」で。

 

上手く、組み合わせることによって、費用が抑えられたりします。

その抑えた費用で、また別のパーツが買えます。

そうすればまた、バリエーションが豊富になります。

 

工夫をこらして、あなたも「自分だけの愛車」を創ってみましょう!

 

フリードが欲しい!!

フリードは、2016年9月にフルモデルチェンジが施され、2代目となりより進化したモデルとなっています。

 

フリードの魅力は比較的コンパクトな車体ですが、3列シートであることです。

大きなサイズのミニバンだと、車体が大きくなるり運転がしづらいと感じます。

また、大きなサイズだと燃費が悪くなることも気になります。

 

 

でも、いざ買うとなると、

「フリード欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「フリードを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、フリードの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、フリード欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 
「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。