フリードハイブリッド車とガソリン車、どちらがお得?

 

車を購入するのに、今や悩みどころの一つであるガソリン車かハイブリッド車にするか。

 

新型フリードにも両設定があるので、結局どちらがいいのか悩みます。

 

どちらを選べばお得な選択になるのか。

 

新型フリードのガソリン車とハイブリッド車の価格や性能を見比べて検証していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

ガソリンとハイブリッドはどこが違うの?

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

最初に申し上げますと、両者の違いはモーターやハイブリッドバッテリーなどのハイブリッドシステムが付いてるか付いてないかの違いです。

 

その他ではトランスミッションや出力&車重の違いです。

 

トランスミッション

ガソリン車はCVT(無段階変速機)に対しハイブリッド車は7ATを採用しています。

 

ガソリン車は燃費向上のためにCVT採用しスムースな加速を実現しています。

 

ハイブリッド車はモーターとエンジンの動力をバランス良く効率良く使うために独自のi-DCDというシステムを採用した7ATになります。

 

それぞれのシステムにあったトランスミッションの違いというところでしょうか。

 

CVTは変速感が感じられませんが、7ATは少しだけ変速感があると思われます。

 

出力&車重について

エンジンについては両者共に同じ1.5ℓVTECエンジンを搭載していますし、違いが他に見当たりません。

 

出力に関してはガソリンが131馬力でハイブリッドがエンジン+モーターで137馬力です。

 

ハイブリッドのほうが出力は大きいですが、ハイブリッドバッテリーなどの重量がプラスされていますので、体感的にはどっこいどっこいなのでしょうか。

 

ガソリン車とハイブリッド車の車両重量の違いは60kgです。

 

車の重量で60kgと言ったら大人一人が乗ってるか乗ってないか。

 

と言われると結構大きいですよね。

 

車は軽ければ軽いほど走行性能が上がるので、出力が少しだけ大きくても、車重が重ければ相殺されてしまいます。

 

このことを考えるとアクセルを踏んだ時のレスポンスは、ガソリン車のほうが軽いような気がします。

 

スポンサードリンク

さてさてどっちがお得なのでしょうか!

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

両者の違いを簡単におさらいしたところで、本題に迫っていきましょう。

 

そもそもお得って言われると、お金が絡んできますね。

 

車でいうお得感はやはり、誰もが考えるのは「初期投資」と「維持費」の”差額”ですよね。

 

初期投資は「車の購入時の金額」と言っていいでしょう。

 

維持費は車検やガソリン代、消耗品の交換などが含まれます。

 

今回の維持費の方は、「初回車検」と「ガソリン代」の差が出る2つの項目に絞って考えたいと思います。

 

ガソリン車とハイブリッド車は両者共に下位グレードのFF車について考察していきます。

 

車の購入時の金額差

・ガソリン車「フリードB」

金額
本体税込み 1,880,000円
取得税 40,560円
重量税 27,675円
合計 1,948,235円

ガソリン車は取得税20%軽減と重量税25%軽減が適用されるので、それを考慮した金額になっております。

 

※新車購入時は他にも様々な費用が加算されますが、差が出る項目だけ表示してそれのみ計算しています(以下ハイブリッドも同じです)。

 

・ハイブリッド車「フリード HYBRID B」

金額
本体税込み 2,256,000円
取得税 0円
重量税 0円
合計 2,256,000円

こちらはなんとハイブリッドの特権(条件はありますが)取得税と重量税が免税されます!

 

さて以上より差額は、307,765円になります。

 

ハイブリッド車が307,765円高であるということです。

 

この金額を、よく覚えといてください。

 

さあ、初期投資の金額差がわかったということで、続いて維持費の金額差を見ておきましょう。

 

購入後の維持費の金額差

それでは維持費でどれくらいの金額差を見ていきましょう。

 

その為には基準を決めていかなければいけません。

 

ハイブリッド車の重量税の免税が適用される、初回車検を含めるまでの3年間を基準として、年間走行距離を国土交通省発表の自家用車の平均1万kmとします。

 

ガソリン価格はこの記事を書いている現在(2018年08月)の全国平均値146.3円で計算します。

燃費は実燃費を使用して、私独自の調査ですが、実燃費の口コミの平均値で計算します↓

・ガソリン車   15km/

・ハイブリッド車 20km/ℓ

 

それでは早速計算していきましょう!

 

※あくまでも独自の調査結果ですので参考までにしてください。

 

・ガソリン車

登録から3年間のガソリン代 3万km走るのに約2000ℓ必要ですので146.3円×2000ℓ=292,600円

初回車検時の重量税     24,600円

金額
登録から3年間のガソリン代 292,600円
重量税 24,600円
合計 317,200円

 

・ハイブリッド車

登録から3年間のガソリン代 3万km走るのに約1500ℓ必要ですので146.3円×1500ℓ=219,450円

初回車検時の重量税     0円

金額
登録から3年間のガソリン代 219,450円
重量税 0円
合計 219,450円

 

ご覧の通り登録時から3年間の維持費の差額は97,750円です。

 

車検時の重量税の金額もこうやって見ると微々たるもので、初期投資の差額の30万は埋まりませんね。

もう少し掘り下げて見ていきましょう。

 

車の買い替えとなる年数は一般的に購入から7年が多いと言われています。

 

ディーラーの営業さんも7年過ぎた3回目の車検近くになると「そろそろ買い換えますか?」なんて切り出してきます。

 

それではこの後3回目の車検まで(トータル7年)を見ていきましょう。

 

今度はガソリン代だけで見ましょう。

 

・ガソリン車

初回車検後4年間、4万km走るのに約2,666ℓ必要ですので146.3円×2,666ℓ=390,133円

 

・ハイブリッド車

初回車検後4年間、4万km走るのに約2,000ℓ必要ですので146.3円×2,000ℓ=292,600円

 

この差額が97,533円です。

 

初回3年間の維持費と足すと、つまり新車購入から7年の両者の維持費の金額差は195,283円です。

 

これでは、ハイブリッド車の307,765円高という初期投資の金額差が埋まりませんね。

 

ということは、7年間のトータルコストとしてはガソリン車のほうがお得という結果です。

 

ちょっと待ってください。

 

このデータは年間走行距離が、1万kmで計算されています。

 

「俺は1年間の走行距離はもっと走るよ」という方は沢山いらっしゃるかと思います。

 

そうです、初期投資の30万円の金額差を埋めるには一年間に後5千km多く走って、7年間の年間走行距離を1万5千kmにすれば車両購入時の30万円の価格差は埋まります。

 

7年目以降は維持費はガソリン車より勝っていきます。

 

結論。

 

約10万km以上走るのであればハイブリッド車を購入したほうがお得!

 

年間走行距離が1万5千km以上で7年以上乗るよ!という方はハイブリッド車を購入したほうがお得!

 

大雑把に言うとこうゆうことになりますね。

 

どっちってなるとこうゆう結果になるのは必然的なのでしょうか。

 

ちなみに私は車の使い方は、年間約2万km乗るので迷わずハイブリッド車を選択しますかね。

 

スポンサードリンク

まとめ

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

さてさていかがでしたでしょうか。

 

私もこの記事を書きながら、色々計算してなるほどふむふむという事が沢山ありました。

 

フリードを購入するまでに、こういった車を買ってから掛かる金額を考えると、購入の選択肢が色々と見えてきますね。

 

またグレードによっては、タイヤのサイズも違ったりしますので、タイヤサイズも大きくなればタイヤ購入金額も高くなります。

 

こういった消耗品のコストパフォーマンスを考えるのも、グレード選択における重要なポイントですね。

 

これでみなさんのフリード購入時の手助けになれたら幸いです。

 

高い買い物ですから、しっかり悩んでしっかり決めましょう!

 

さすればあなたも念願のフリードオーナーです!

 

では!

 

フリードが欲しい!!

フリードは、2016年9月にフルモデルチェンジが施され、2代目となりより進化したモデルとなっています。

 

フリードの魅力は比較的コンパクトな車体ですが、3列シートであることです。

大きなサイズのミニバンだと、車体が大きくなるり運転がしづらいと感じます。

また、大きなサイズだと燃費が悪くなることも気になります。

 

 

でも、いざ買うとなると、

「フリード欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「フリードを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、フリードの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、フリード欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 
「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。