下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

近年、「キャンプ」や「グランピング」などをキーワードに流行を見せるアウトドア界隈。

 

それに呼応するように、愛車で車中泊をするユーザーが増加しているそうです。

 

ホンダ フリードプラスも、そんな車中泊にうってつけのクルマとして注目を集めています。

 

スポンサードリンク

フリードプラスで車中泊?

 

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

車中泊するということ

 

車中泊とは、簡単に言ってしまえばクルマの中で寝て一晩明かすことです。

 

「クルマの中で寝るだけじゃん」と思う方もいるかも知れませんが、実はこれがけっこう奥が深いのです。

 

たとえば外回りの営業中に、ライトバンの中でシートを倒して寝ている「サボリーマンスタイル」でも、車内で寝られるには寝られるのですが(良い子はマネしてはいけません)、クルマのシートは運転するときにはフィットしますが、寝るとなると身体の自由が利かないため、短時間休んだだけでも肩こりや背中が痛くなってしまい、とても一晩寝るなどということには向きません。

 

だからといって「走る居間、走る寝室」であるキャンピングカーも、取り回しが悪く普段使いに向きませんし、なによりその高級車並みの車両価格に、おいそれと手が出せるものではありません。

 

そこでステーションワゴンやライトバンの広い荷室に目をつけ、2列目シートも倒して、ここを寝台替わりにする方法がメジャーとなりました。

 

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

 

ホンダ フリードプラスではそうした利用を想定しており、荷室を上下に区切る「ユーティリティボード」は人が乗っても耐えられるよう、耐荷重200kgもの強度が与えられています。

 

また荷室自体をフルフラットにできるよう、2列目シートに「ダブルフォールダウン機構」を採用しており、2列目足元に格納される形で荷室の中段と同等の高さに納められるよう設計されています。

 

ライバルであるトヨタ シエンタではこの機構は採用されておらず、そもそも5人乗り仕様も存在しないため、対策として3列目シートの「ダイブイン機構」で低床な荷室を確保するにとどまっており、車中泊は難しいと考えられます。

 

引用:https://kuruma-kamisama.com/sienta-syatyuuhaku-arrange/

 

このあたり、3列目を取り払って5人乗りとしたフリードプラスには敵いませんね。

 

また、車中泊を想定していると断言できるのには、もうひとつ理由があります。

 

それは、ホンダ純正オプションで「おふとん」を用意しているからです。

 

引用:https://autoc-one.jp/knowhow/3374858/

 

これ、純正オプション品なんですが、何に見えますか? おふとんですよね。

 

おふとんは寝るために使いますから、これはつまり車中泊をするためのクルマだということです。

 

【 ホンダ フリードプラスハイブリッド 型式 GB7/GB8 ≪ ロング サイズ:180cmx125cm ≫】 SHINKE シンケ 【 車中泊 ラブベット フルフラット上クッションマット 】≪ 低反発クッションタイプ 表地:PU合皮レザー 裏地:コットン 厚:約7cm 重量:約2.6kg ≫

価格:28,966円
(2018/8/24 20:42時点)
感想(0件)

 

 

 

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

 

また荷室には、夜間の照明やスマホの充電に利用できるアクセサリーソケットを標準装備しています。

 

キャンプや車中泊で大切なのは電源の確保ですが、既にそういったものが装備されていて、車中泊への配慮が窺えます。

 

広い荷室や電源の取り出しなど、キャンパーとしての性能を高めていますが、究極的には車中泊に対応する、というのがフリードプラスの目的のようにさえ感じられます。

 

このように、ホンダ フリードプラスは「車中泊してください!」として作られたクルマですから、いとも簡単に車中泊ライフが叶ってしまうのです。

スポンサードリンク

 フリードプラス最強の車中泊仕様「FREE STYLE」

 

引用:http://www.whitehouse.co.jp/camper/compact/hybrid/freestyle/index2.php

 

そんな車中泊向きのクルマであるフリードプラスを、最強の車中泊仕様にカスタマイズしている会社があります。

 

愛知県の株式会社ホワイトハウスの製作する「FREE STYLE」シリーズとして、フリードプラス / フリードプラスハイブリッドのキャンパー仕様がラインナップされています。

 

外観からもひと目で分かるポップアップルーフが特徴的ですが、内装も簡易キャンパーとして大変優れたものになっています。

 

引用:http://www.whitehouse.co.jp/camper/compact/hybrid/freestyle/index2.php

 

ベース車両であるフリードプラスの荷室をさらにフラットで拡大し、ベッドとして使用できるようクッションマットを貼り付けただけでなく、ポップアップルーフを採用することで室内空間を拡張し、さらに大人2人が寝られる程度の余裕を作り出しています。

 

全ての窓にプライバシーカーテンを備えて、夜間のセキュリティに配慮したほか、スライドドアとリアゲートに虫除け対策のネットを装備し、就寝時などの換気に役立ちます。

 

引用:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17037361

 

車内の空調についてですが、夏場はそうした換気によってある程度管理できるとして、冬場においては、「エアヒーター」を装備することによって、エンジンを切っていても暖房が使えるように変更されています。

 

少量のガソリンとサブバッテリーにより駆動するこの「エアヒーター」は、フリードプラスのエンジンシステム系とは独立して設置されているため、エンジンを切ってもヒーターが作動するため、車内における一酸化炭素中毒などの危険が避けられるというわけです。

 

他にも冷蔵庫を備えていたり、追加の電源ソケットが装備されたりするなど、キャンパーとして必要な装備を予め備えている、車中泊を本格的にしたい方のためのカスタマイズカーとなっています。

 

お値段も、たとえば標準グレードのBならば、車両価格は1,900,000円~ですが、このFREE STYLEなら、グレード「HOT PACKAGE」であれば2,442,960円~となっており、比較的低予算でキャンパーが手に入るのも魅力です。

 

引用:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17037361

 

フリードプラスを買う目的が車中泊やキャンプであるなら、始めからこの「FREE STYLE」を検討するのも手かもしれませんよ。

 

スポンサードリンク

【フリードプラスで車中泊をエンジョイする為の仕様を考えてみる】のまとめ

 

引用:https://carby.jp/car_100504/car_100517/1004275

 

近年、道の駅などの施設の充実と「アウトドア」や「キャンプ」といったキーワードへの注目から、車中泊をするユーザーが目覚しく増加しました。

 

旅行先で宿を取ると、宿の場所に縛られるほか、チェックイン・チェックアウトの時間も気にする必要があるため、「ぶらり旅」などの目的の無い旅行などをするときに、少々不便だったりします。

 

またキャンプをする場合には、やはりテントを設営できる場所に限りがあるため、ある程度場所に縛られることになりますし、受付時間という時間の制約もあります。

 

テントの設営は初心者には難しいもので、慣れていたとしても大掛かりなものです。

 

雨が降っているときのテントの設営ほど億劫なものもありませんし、季節によっては朝露にまみれることもありますので、管理が悪いとカビたり臭いが出たりと、手間がかかります。

 

その点車中泊はクルマを停めたその場所が宿泊場所となる手軽さがあります。

 

一方で、そうしたユーザーの増加から、マナーやセキュリティなどの面から道の駅での車中泊が禁止されるケースが増えてきました。

 

またエンジンをかけたままの就寝は、アイドリング禁止などの条例に抵触する場合がありますし、何より環境に悪いのでおすすめできません。

 

皆さんも、マナーを守って、快適な車中泊ライフを楽しんでください♪

 

re;make(リメイク) ラグジュアリーシェード ホンダ フリード用 1台分フルセット! 国産アルミシェード! 高品質ブラックメッシュ仕様! 日よけ サンシェード プライバシー保護で車中泊にも!※型式要確認※

価格:25,747円
(2018/8/24 20:45時点)
感想(0件)

 

フリードが欲しい!!

フリードは、2016年9月にフルモデルチェンジが施され、2代目となりより進化したモデルとなっています。

 

フリードの魅力は比較的コンパクトな車体ですが、3列シートであることです。

大きなサイズのミニバンだと、車体が大きくなるり運転がしづらいと感じます。

また、大きなサイズだと燃費が悪くなることも気になります。

 

 

でも、いざ買うとなると、

「フリード欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「フリードを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、フリードの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、フリード欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 
「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。