下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

新しくフルモデルチェンジされたフリードハイブリッドについて、評価と評判は実際に購入した立場から良い点 悪い点を紹介していきたいと思います。

フリードハイブリッドは8年前にフルモデルチェンジしてから、プラスの評価だけでなくマイナスの評価も含めてどのような部分が変更されてきたのか「燃費」「運転性能」「安全性」「内装」の4つの面に注目してみました。

新型フリードのエクステリアはホンダらしく、広さはミニバン サイズはコンパクトという全てにわたり程よくちょうどいいという言葉がとても似合う自動車です。

 

スポンサードリンク

フリードの燃費

 

「フリード画像」の画像検索結果

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

 

新型フリードハイブリットの実燃費はミニバンクラスでは高くミニバントップレベルの低燃費。

燃費はグレードによって多少の違いはありますがフルモデルチェンジ前と後で21.6㎞/L⇒27.2㎞/Lへ燃費向上されました。

もちろんガソリン車も高出力 低燃費で16.6㎞⇒19.0㎞/L(ガソリン車FF)へ向上されています。

実際に新型フリードハイブリッドを乗ってみて街中の通勤程度では低燃費に実感はあまりないのですがドライブなどの遠出で高速道路を利用した時などに燃費の良さを実感しました。

 

燃費が優れる理由

 

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

 

フリードの燃費が優れる理由として、ハイブリッド仕様車に環境性能の高いアトキンソンサイクルのエンジンと、高出力モーターを内蔵した7速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたスポーツハイブリッドI-DCDという新型エンジンを搭載、ギアに関してはフリード専用に設定しミニバンでも非常にフットワークが軽くなっており伸びやかな加速感を損なうことなく走ることができるのです。

 

ミニバンでは最小クラスで、ハイブリッドとなりますので、ぜひ燃費を優先する場合はフリードで間違いないと思います。

 

ガソリン車に対する評価

 

ガソリン車の場合は、1500㏄の車格では高速距離や長距離などには少し物足りないと感じる方もいるかもしれません。

通勤など普段の生活に選んでいただくなら快適に乗っていただけると思います。

 

ハイブリット車とガソリン車とを比較してみると同じ新型フリードであってもガソリン仕様車とハイブリット仕様車を価格の差と燃料費で考えると約10年乗らなければもとをとることが出来ないことになります。

ですが、一見ハイブリット仕様車の方がメリットは少ないように思われるのですが税金の面を考えると異なってきます。

 

ハイブリット車は購入時の取得税が免除、重量税が免除、そして自動車税は半分で済みます。どのような車であっても自動車税は毎年かかるものなので、この税金の面で考えればガソリン仕様車とは違ったメリットがあります。

 

スポンサードリンク

新型フリードの運転性能

 

SPORT HYBRID i-DCD

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

 

運転性能に関してはボディもコンパクトで扱い易く通勤だけでなくレジャーなど様々な場面でも役に立てるオールラウンドな車となっています。

購入の際には、ハイブリット仕様車とガソリン仕様車を乗り比べてみるのもよいのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

新型フリードの安全性

 

JNCAPファイブスター賞

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

 

新型フリードは、ホンダが他社と共同することなく独自で研究してきた先進の安全運転システム「Honda SENSING」が搭載されています。

新型フリード/フリード+はHonda SENSINGのシステムにおいて衝突安全機能評価で最高ランク★★★★★、予防安全性能評価で最高ランクを獲得されています。

 

そしてもしもの時、避けられない事故に直面した時のために側面衝突に備えたエアバッグや、すべてのシートに3点式シートベルトを標準装備、小さいお子様がいる家族様のためにチャイルドシートの装着を簡単にできる固定金具が標準装備されています。

 

安全性の面からも新型フリードはミニバンクラスではトップレベルであり、走行時も停車時も安心・快適に乗っていただける車種です。

 

フリードの内装はどうなのか

室内空間イメージ

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

 

インターネットでのフリード購入者の評判や評価から同じようなミニバンタイプの他社の自動車と比較した内容の中でメーター部分についてアナログ針が良かった、ホンダセンシングの動作アイコンをメーター位置に置いてほしかった、など様々な評価をされているユーザー様がいます。

 

確かに他社の優れている部分との比較となるとユーザー様の好みにそぐわないところもあるのかもしれませんがホンダフリードにしかない良さにも注目していただけると購入意欲も高まるのではないかと思います。

 

内装のデザインはナチュラルな空間を意識した木目調のパネルが使用されたインパネや飽きの来ないファブリックを使用したシートなどシンプルですがとても好感の持てる居心地の良さがあります。

 

室内空間ですが新型フリードの口コミ評価を見ても「思ったより広い」とかなりの好印象です。

 

先代のフリードと比較すると室内高は10㎜、室内長は420㎜、運転席から3列シート間の距離も90㎜大きくなっています。

室内は通路になっているので、わざわざ車外へ出て後ろの荷物を取りに行かなくても車内だけで済むのでとても便利です。

 

二列目と同じく三列目もパイロットシートになっているため、窮屈な思いをしなくて済むことも利点のひとつではないでしょうか。

 

フリードの車体の長さは、1500㏄クラスの車体であるにもかかわらず、とても広く感じます。

フロント部分はコンパクトで車内は圧迫感なく快適です。

先代と比べても大人が快適に座れる空間となっているのです。

 

そしてこの広くなった空間はなんとハイブリッドでも広さは変わりないのです。

今回のフリードハイブリッドはグレードにより異なりますが3列シート車と2列シート車とさまざまなシーンに対応できるようなスタイルになっています。

内装はボディの扱いやすさは先代のフリードと比較しても変わらないのですが室内を広くするためにメカスペースを最小限にすることで1~3列シート間の距離を先代よりも90㎜拡大するなど全席広いくつろぎ空間を感じることができるとフリードユーザーからの評価もあります。

 

IPU(インテリジェントパワーユニット)

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

 

そして次は3列シート車2列シート車についてです。

3列シート車は最大7人乗りのコンパクトなボディの割に広々とした乗り心地、2列シート

車はフリードと違いフリードプラスといって5人乗りとなっています。

 

2列シート車の楽しみ方としてはアウトドアなどのレジャーでたくさんの荷物を詰めること、そして最大のおすすめポイントはシートをベッド使用にして車中泊を楽しめることです。

フリードとフリードプラスどちらも家族の人数や用途に合わせて選んでいただきたいと思います。

 

ハンズフリースライドドア

 

ハンズフリースライドドア

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

 

コマーシャルなどで見た方もいるのではないかと思いますが、フリードにはホンダのハンズフリースライドドアがおすすめです。

車で買い物をした時に、両手が荷物でドアを開けることが難しいという場面の時、そういう時に便利なのがハンズフリースライドドアです。

 

ドアノブに触れずに足をかざすだけで後部座席のドアを開けることが出来ます

こちらは純正オプションではありますがお子様が小さく抱きかかえるしかない時などにおすすめです。

 

 

まとめ

 

室内写真

引用:https://www.honda.co.jp/FREED

 

今回は主に新型フリードの評判・評価の意見なども交えてまとめてみました。

 

同じミニバンクラスで他社との比較されている方もたくさんいらっしゃいましたが、ほとんどの方が「フリード」と言ってくださっていました。

 

フリードは小さなお子様からお年寄りまでは幅広い年齢層の方に対応できる車種であり、これから家族が増えたり、現在子育て中のママさんだったり、独身の男性、女性なども

友達や家族と旅行に出かけたいと思っている人にも、おすすめの車種だと思います。

 

実際に乗っていただけると、その評判・評価も納得していただけるのではないでしょうか。

つまり、ホンダのフリードはファミリー向けのミニバンとしては最高に満足度の高いミニバンであるということです。

 

 

 

 

フリードが欲しい!!

フリードは、2016年9月にフルモデルチェンジが施され、2代目となりより進化したモデルとなっています。

 

フリードの魅力は比較的コンパクトな車体ですが、3列シートであることです。

大きなサイズのミニバンだと、車体が大きくなるり運転がしづらいと感じます。

また、大きなサイズだと燃費が悪くなることも気になります。

 

 

でも、いざ買うとなると、

「フリード欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「フリードを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、フリードの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、フリード欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 
「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。