下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

ホンダ 新型フリードは、エコカー減税の対象車です。

購入時には、エコカー減税対象で自動車取得税と重量税が減税となって、

グリーン化特例で翌年度の自動車税も減税となる、とってもおトクなエコカーです。

しかしそんなエコカー減税がもうすぐ終わるなんていう話がちらほら・・・。

今回は、エコカー減税を上手に利用して、損しないホンダ 新型フリードの買い方について考えていきます!

 

スポンサードリンク

終了間近!?ホンダ 新型フリードも対象のエコカー減税

引用:https://response.jp/article/2017/08/21/298780.html

「今年度末でエコカー減税が終了する!?」

なんてショッキングな出来事が話題に上る時期になりました。

ご存知の方も多いかとは思いますが、

とりあえず「2018年度の」エコカー減税は年度末いっぱいで終了します。

 

ただし!

 

これまでに数度の延長を、減税幅の縮小を伴いながら繰り返してきていますので、

また来年度についても延長となる可能性が全くないわけではありません。

しかし晴れて延長となったとしても、減税幅が更に縮小するのは間違いなさそうです。

 

参考までに、2017年度から2018年度に移り変わったときの、

エコカー減税の変化について見ていきましょう。

 

2018年度税制改正前(2017年度税制)

2018年度税制改正前の2017年度税制がどうだったのかを一覧にしました。

燃費基準 2017年度
エコカー減税 自動車税

(翌年度分)

取得税 重量税(5/1~)
平成32年度燃費基準

+50%達成車

免税 登録:約75%減税

届出:約50%減税

平成32年度燃費基準

+40%達成車

平成32年度燃費基準

+30%達成車

平成32年度燃費基準

+20%達成車

60%減税 75%減税 登録:約50%減税

届出:約25%減税

平成32年度燃費基準

+10%達成車

40%減税 50%減税
平成32年度燃費基準

基準達成車

20%減税 25%減税 減税ナシ
平成27年度燃費基準

+10%達成車

平成27年度燃費基準

+5%達成車

減税ナシ ガソリン車:

本則税率

ハイブリッド車:

本則税率+

「当分の間税率」

適用期間 2018年3月31日までの新車登録・届出 2018年4月30日までの新車登録・届出 2018年3月31日までの新車登録・届出

 

2018年度税制改正後

続いて2018年度税制改正後の現行の税制(2018年10月現在)を見ていきます。

2017年度税制から変化した=減税幅が縮小した部分を赤文字で強調しました。

燃費基準 2018年度
エコカー減税 自動車税

(翌年度分)

取得税 重量税(5/1~)
平成32年度燃費基準

+50%達成車

免税
登録:約75%減税

届出:約50%減税

平成32年度燃費基準

+40%達成車

平成32年度燃費基準

+30%達成車

80%減税 75%減税
平成32年度燃費基準

+20%達成車

60%減税 75%減税 登録:約50%減税

届出:約25%減税

平成32年度燃費基準

+10%達成車

40%減税 50%減税
平成32年度燃費基準

基準達成車

20%減税 25%減税 減税ナシ
平成27年度燃費基準

+10%達成車

減税ナシ ガソリン車:

本則税率

ハイブリッド車:

本則税率+

「当分の間税率」

平成27年度燃費基準

+5%達成車

減税ナシ 減税ナシ
適用期間 2019年3月31日までの新車登録・届出 2019年4月30日までの新車登録・届出 2019年3月31日までの新車登録・届出

 

このように、エコカー減税やグリーン化特例については、

終了せずに延長される代わりに、年を経るごとに段々と減税幅が縮小しています。

いずれは終了するものですが、いきなり終了すると社会的影響が大きいため、

徐々に減税幅を縮小することで、自動車購入の「駆け込み需要」→「冷え込み」といった、

経済的な悪影響や悪循環を起こさせないようにしているものと思われます。

 

スポンサードリンク

エコカー減税でホンダ 新型フリードはどれくらいおトク?

引用:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17075509

フリードハイブリッドはどれくらいオトク?

 

ホンダ 新型フリードは、全グレードが上記のエコカー減税の対象車となっています。

 

特にハイブリッド車全車については、自動車取得税・自動車重量税が免税となり、

自動車税についても翌年度分が75%減税となる「平成32年度燃費基準+50%達成車」

及び「同+40%達成車」の対象となっています。

 

しかも、この税制の適用期間中の最初の継続検査(=初回車検)時にも、自動車重量税が免税となります。

ホンダ 新型フリードのハイブリッド車は、新車購入時における最大限のエコカー減税の恩恵を受けられるんですね。

 

具体的には・・・

HYBRID G Honda SENSING (7人乗り、FF) / 2,517,600円 を例に取ると

エコカー減税適用で

  • 自動車取得税:約62,900円
  • 自動車重量税:22,500円

 

これらが全て非課税となりますので、合計で約85,400円もの減税です。

さらにグリーン化特例適用で、翌年度の自動車税が通常は34,500円ですが

実際は9,000円の課税ですので、25,500円もの減税です。

 

さらに初回車検時に限り、自動車重量税が満額36,900円、本則税率適用でも22,500円のところ

ホンダ 新型フリードのハイブリッド車については免税となるのです。

 

税金だけでも、3年間でおよそ147,800円もの節約となります。

ハイブリッド車は、単に燃費が良いだけではなく、税金面でも経済的なんですね。

 

 

フリード(ガソリン車)はどれくらいおトク?

 

フリードのガソリン車のFF車については、「平成32年度燃費基準達成車」の該当で、

自動車取得税20%減税、自動車重量税25%減税のエコカー減税を受けられますが、

グリーン化特例については対象外ですので、翌年度の自動車税は減税対象ではありません。

 

そしてフリードのガソリン車の4WD車については、「平成27年度燃費基準+10%達成車」に該当しますので、

エコカー減税については、取得税は減税ナシ、

重量税が本則税制適用となります。(=当分の間税率分が免税)

 

具体的には・・・

G Honda SENSING (7人乗り、FF) / 2,517,600円 を例に取ると

エコカー減税適用で

  • 自動車取得税:約42,400円
  • 自動車重量税:16,800円

取得税は約10,600円、重量税は5,700円減税で、合計で約16,300円もの減税です。

しかしグリーン化特例の適用対象外のため、翌年度の自動車税は満額34,500円です。

 

初回車検時の重量税は、排出ガス規制とエコカー減税の基準を満たしているため、

満額36,900円のところ、本則税率適用で22,500円となり、14,400円の減税です。

 

ガソリン車の場合、税金面では3年間でおよそ30,700円の節約となります。

ハイブリッド車に比べるとかなりインパクトが薄いですが、

それでも少なくない金額ではあります。

 

 

スポンサードリンク

ホンダ 新型フリードの購入はエコカー減税のあるうちに?

引用:https://www.webcg.net/articles/-/35306

ホンダ 新型フリードのエコカー減税について、グレードごとに見ていきました。

こうして見ると、ホンダ 新型フリードのハイブリッド車のエコカー減税による恩恵が大きいことに気づきます。

 

しかしこれも年々減税額が縮小しており、ハイブリッド車だからエコカー減税の免税対象車だと思ってうかうかしていると、

いざ買おうと思ったときにエコカー減税が終了していて、購入金額が何万円も変わってしまった!なんてことになりかねません。

 

ガソリン車については、そこまで減税幅が大きくありませんので、

エコカー減税が縮小したとか終了したとかで、購入金額が大きく変わることはありません。

 

しかしハイブリッド車についてはその影響が大変大きいので、

エコカー減税のうまみが最大であるまさに今が、ホンダ 新型フリードの、

特にハイブリッド車の「買いどき」であると言えます。

 

ホンダ 新型フリードをご検討の皆さん、

ハイブリッド車を買うなら今年度中ですよ!

 

フリードが欲しい!!

フリードは、2016年9月にフルモデルチェンジが施され、2代目となりより進化したモデルとなっています。

 

フリードの魅力は比較的コンパクトな車体ですが、3列シートであることです。

大きなサイズのミニバンだと、車体が大きくなるり運転がしづらいと感じます。

また、大きなサイズだと燃費が悪くなることも気になります。

 

 

でも、いざ買うとなると、

「フリード欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「フリードを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、フリードの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、フリード欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 
「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。