下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。
 

 

最近「車中泊」という言葉をよく耳にするようになったと思いませんか?

道の駅などの公共施設の充実と、キャンプほどに煩わしくない自家用車を使う手軽さや、有名動画サイトに投稿された「車中泊の様子」の動画などの影響で、非日常的な車中泊の世界にのめり込む方が増えているそうです。

今回はそんな車中泊のベース車として人気のフリードスパイクで、快適な車中泊ライフを送るためのオススメカスタマイズを紹介していきます。

 

スポンサードリンク

ホンダ フリードスパイクが車中泊に選ばれるワケ

引用:https://autoc-one.jp/honda/freed_spike/special-556234/0002.html

車中泊に向いているクルマとしては、フルフラットになる荷室がある、などが条件として挙げられると思いますが、車中泊をすることを始めから想定しているクルマには、機能面で及ばないでしょう。

 

それがホンダ フリードスパイクというクルマです。

ホンダフリードスパイクの最大の武器は、後席を倒すことで現れる広大な室内空間です。

リアシートを倒した場合の荷室長は実に2015mm荷室幅も1010mmあり、大人が寝転ぶのに十分な面積を備えています。

この十分な広さの室内空間を、全長4210mm×全幅1695mm×全高1715mmという、いわゆる「5ナンバーサイズ」の大変扱いやすいボディサイズの中に実現しています。

ホンダによると・・・

エンジンの構造から合理化してメカスペースを小さくし、室内長を長く。さらに、燃料タンクを薄くして床下に置き、室内高のゆとりも確保。

サイズを切りつめながらも、広びろとした空間を実現するとともに、低くフラットで使いやすい荷室フロアも実現しています。

としています。

 

ホンダ フリードスパイクの独特な低いフロア面は、ホンダ独自の「センタータンクレイアウト構造」にあります。

通常荷室下あたりに配置されることの多い燃料タンクを、ホンダ フリードでは後席下に配置することで、荷室の低床化が図られ、結果として床から天井までの「室内高」が最大限に確保されるのです。

荷室に大人が座った状態での、ヘッドスペースの十分な余裕は、車中泊における室内の開放感にも繋がります。

これは車中泊前提のクルマ選びにおいて、重要なポイントですね。

また長い室内長を確保するために、ホンダは「メカ・ミニマム、マン・マキシマム」という、機械の占拠スペースを最小限にして、キャビンを最大化するための思想を取り入れています。

エンジンやトランスミッション、ハイブリッドユニットなどを極力コンパクトに作ることで、これを実現しています。

これにより、ガソリン車だけでなくハイブリッド車においても、同様の広々とした室内空間を確保しているのです。

 

スポンサードリンク

車中泊スペシャル!フリードスパイクの内装をカスタマイズ

そんな広々とした荷室を活用して、車中泊に最適化している方々をご紹介していきます。

 

  • 車中泊ベッド(みんカラより)

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/2442793/car/1963074/3353211/note.aspx

快適な車中泊を考えるに当たって、重要なのが寝具ですが、荷室にあらかじめベッドを備えてしまったパターンです。

ホンダ フリードスパイクの荷室表面はハードボードなので、そのまま寝袋などで寝るにはやや固い印象です。

またフルフラットとはいえ、やや段差がある構造なので、マットを複数のサイズの層に分けることで、しっかりとフラットな「ベッド」を作り出しています。

 

  • 車中泊の「目隠し」(みんカラより)

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/2442793/car/1963074/3353304/note.aspx

上記のように快適なベッドを、ホンダ フリードスパイクの中に作っていざ寝るとして、プライバシーを守るために忘れてはいけないのが、目隠しです。

レジャーなどで活躍する断熱タイプの「折りたたみ銀マット」を、ウインドゥにぴったりのサイズで切り抜いてはめ込んでいます。

 

それ自体に厚みがあるため、車外の光や騒音をある程度カットしてくれることが期待でき、また断熱性があるため窓越しに冷気などが侵入してくることも防げますので、

車中泊中の睡眠の質が向上することでしょう。

 

このホンダ フリードスパイクユーザーの方は、これにさらにカーテンを装着することで、朝日が差し込んでもまぶしくない、快適な車中泊空間を作り出していました。

 

 

  • フルフラットのスペースの拡大(みんカラより)

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/2426558/car/1941749/3275007/5/note.aspx

フルフラットの荷室を謳うホンダ フリードスパイクですが、実は欠点もあります。

完全にフラットでないフロア面もそうですが、フルフラットにしたときの、前席との間に、後席足元部分の「すきま」が生じてしまう点です。

 

これがあるために、身長が180cm前後の方だとやや寸足らずとなってしまうのですが、この隙間を上記画像のように埋めてあげることで、荷室がさらに拡大されます。

使用後は取り外して、ラゲッジボード下に収納できるようにしている点も良いですね。

 

このようにホンダ フリードスパイクオーナーの方々は、車中泊における快適性の向上への熱が大変高く、これがさらなるホンダ フリードスパイクの車中泊フリークを生み出しているのかも知れません。

もともとそういうアウトドア(におけるインドア)な使い方を目指して作られたクルマですので、そういう意味では、ホンダの狙い通りのフリードスパイクの使用法であると言えます。

 

スポンサードリンク

ホンダ フリードスパイクで車中泊するときに注意したいこと

引用:https://www.digimonostation.jp/0000083584/

近年車中泊がブームとなり、様々な人が様々な場所で車中泊するようになりました。

しかしその一方で、キャンプ場などのように車中泊用の場所が明確に確保されているわけではなく、道の駅の駐車場などの公共のスペースを利用しているケースがほとんどです。

車中泊をする人がまだそんなに多くなかったころは、それほど目立ちませんでしたが、車中泊によるアウトドア・ツーリズムの高まりから、様々な人種が現れるようになり、

たとえばキャンプ場かのように、深夜にそうした公共の場所で大騒ぎするなど、一般の方の目に余る行為をする方々によって、悪目立ちしてしまうことが多くなりました。

道の駅側もこうした迷惑行為への対抗策として、夜間に道の駅の駐車場を閉鎖するなどしており、これまでお行儀よく車中泊していた人たちまでも、まとめて締め出されることとなりました。

ただし、そうした公共の場を間借りすることで行う車中泊は、それ自体があまり行儀のいいことではないという認識を持つ必要があります。

 

また、夏場や冬場に車内のエアコンを効かせるために、クルマのエンジンを掛けっぱなしで一晩過ごす方がいますが、これは立派な条例違反で、たとえば東京都ではアイドリング禁止条例が存在します。

 

自動車等を駐車、または停車する時は、エンジンを停止する(アイドリング・ストップ)義務があります。原動機付き自転車も対象です。

条例上、アイドリング・ストップ義務の対象から除外される場合

  1. 信号待ちなどの、道路交通法の規定により停止する場合
  2. 交通の混雑などにより停止する場合
  3. 人の乗降のために停止する場合
  4. 冷凍車、医療用車、清掃車などの動力としてエンジンを使用する場合
  5. 緊急自動車が用務のために使用している場合

など

 

このように、アイドリングを明確に条例で禁止しているケースが多いです。

この対策として、車中泊用に別途電源を搭載しているユーザーもいるようです。

そう考えると、必要な装備はまだまだあり、車中泊の奥深さを思い知らされますね。

 

車中泊とは、孤独を楽しむ大人の嗜みです。

大人の嗜みですから、楽しむ上では守るべき行動規範があるわけです。

他人の迷惑を考えない独りよがりな車中泊は、極端な話、それ自体を衰退させる原因となります。

うるさい排気音を撒き散らす、めいわくな暴走オートバイがいい例ですね。

 

マナーやルールを守った上で、快適な車中泊ライフを送りましょう!

 

フリードが欲しい!!

フリードは、2016年9月にフルモデルチェンジが施され、2代目となりより進化したモデルとなっています。

 

フリードの魅力は比較的コンパクトな車体ですが、3列シートであることです。

大きなサイズのミニバンだと、車体が大きくなるり運転がしづらいと感じます。

また、大きなサイズだと燃費が悪くなることも気になります。

 

 

でも、いざ買うとなると、

「フリード欲しいけど予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど口下手だし苦手で…」
「ディーラー何件も回るのおっくうだな…」
「フリードを最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、フリードの購入を検討しているけど悩みが尽きない…

でも、フリード欲しいな・・

と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえずまた聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

 
「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

「フリード 新型 画像」の画像検索結果

 

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。